名護屋坂下見に

2013-03-05 (34 画像)

クリックして画像を拡大



イノシシにいきなり遭遇

以下の写真の内の2枚は動画です。
動画もアップしたいが、あまりに酷いので、はばかられる。


猪が目的ではないので、早速名護屋坂に向かう。
猪の現場から100メートルも行かない最初から道を間違えたらしく、登って引き返し30分はロスしてしまう。

以下の写真からは本来の名護屋坂の道



ここまで導いてくれたテープの目印はこの三角点へ導くためのものと思われる。
次回は、名護屋坂の真上を横切る高圧送電線を目印にしよう。
三角点までの道が、傾斜がなくいつまでも下りにならず、何度も迷ったが、やはり間違っていた。
次回は方位磁針を持参しよう。

この三角点が既に大間違いであった。


馬頭観音かなと思ったが馬頭は無かったし、昔の往還とはとても思えない急斜面の道なき道だった。


轟地区へ降りてしまい、全く名護屋坂とは違う東に降りてしまう。



次のやり直しの下見では、右前方の稜線はダメである。行ってはだめだ。