好天気を味方にしての塩の道ウオーキング
公文さんが財布へ入れるとお金が貯まると、高野山?の松の葉を取って、わたしてくれました。

動画1
動画2
動画3
動画4
動画5

リックして画像を拡大

アンパンマンミュージアムの前で公文さんらと合流



大きな井戸は昔この場所が栄えていた証拠。お寺や寺子屋まであったと。





上は皆さんが作ったトイレも完備した休憩所、イベント等の写真も、快適なベンチもありました。
季節季節の花々も咲き誇っていました。



いのししが背中を擦るので、イノシシの背の高さの部分が凹んでいる。今晩も来るのかなあ


三嶺(さんれい)がわずかに雲に覆われているとさ



いのししのぬた場


お昼のお弁当のおもてなしがありがたく、感謝。マーマレードもすごくおいしかった。



石の祠の中の馬頭観音が400年の月日にも耐えるのか、あちこちに多く見られた。
観音像の頭の上に確かに馬の正面の顔のみがくっついて描かれている。
馬や牛が物資の流通にいかに貴重だったか分かる。



つい最近まで使われていた、かなり昔からの古民家だというのに惜しいことである。


今回の好天候には、ただただ神様に感謝。香美市・奥物部の観光協会の方々の心が天候にも反映したのでしょう。
誠にもお天気などの大神様と波長の合う方々でした。

ここに上のパンフレットの大きい画像をしまってあります。

、イ、ウ、