会長就任挨拶

岩原秀実

平成23年度末の平成24年度に向けての今回の総会で会長に就任致しました岩原です。

以前、創立20周年“龍馬研究の集い”(龍馬の生まれたまち記念館にて)で自分の母が旧姓大濱であり、坂本龍馬の先祖の出身地才谷と同じで、共通の先祖であるその点を少し発表させもらいました。当時自分は多忙な小学校の教頭職にあり、研究会とのお付き合いも少なくなりがちでありました。現在は29年間の小学校教員生活を終えております。

これまでの過去の会報誌を見ると、歴史に造詣の深い大家の方々が本研究会を立ち上げ研究を積み重ねられ、また多数の会員の熱意と努力で研究会を盛り立てて下さっている経過を見て、会長職に対し真に重い責任を感じております。

この度こうして素晴らしい機会を得ました。坂本龍馬さんとその同時代の方々の足跡や、当時の歴史を見聞し気づき考える歴史探索を初め、学習会などには可能な限りどしどし参加し、歴史の謎解きなどの楽しみを分けていただきたく思います。

さっそく先日快晴のもと朽木峠越えのイベントに研究会同志13名で参加でき、楽しい良い勉強になりました。朽木峠は初めてでした。

楽しい楽しい仲良しの研究サークルとなるよう和を尊しとして全員元気でやって行きましょう。

また永国先生と打ち合わせ、龍馬研究会のホームページを再構築する大仕事をしています。そのため毎日パソコンとにらめっこしています。

今後ともよろしくお願い致します。