日本では法律で禁止されている賭け麻雀ですが、過去には東京地検の元検事長が絡んだ事例もありました。
世の中には身近に賭け麻雀に興じる人の話も少なくない気がしますが、実際のところ全ての人が摘発されているとは思えません。
ましてや身近な友人とお小遣い程度の金額を賭けて行う麻雀でも違法なのか?気になるところです。
そこで今回は、賭け麻雀として違法行為になる線引きについて詳しく検証してみました。
知らないうちに違法行為を行って逮捕・起訴されないよう、ぜひ参考にしてください。

身近な友人との賭け麻雀も罪になる?

「ごく少数の身近な友人たちと、お小遣い程度の金額で賭け麻雀をしてもダメなの?」
この質問に対する答えは「1円でも賭ければ犯罪です。」となります。
まずは賭け麻雀行為がどのような罪になるのかお伝えしておきましょう。

●賭け麻雀に対する法的な罰則

日本国内で金銭を賭けて行う麻雀は「賭博罪(単純・常習)」に該当し、場を開いた人は「賭博開帳等図利罪」という行為になります。
刑法185条及び186条で示されるものになりますが、簡単に言うと「賭博に関わった人は、利用者も胴元も罪になる」と言うことです。
どちらも科料や懲役などの実刑を伴う罰則が適用され、犯罪行為と言う認識で扱われるものになります。

●とはいえ摘発されにくい状況もある

賭け麻雀そのものは違法行為として犯罪になりますが、現実はすべて摘発されているとは言い難い状況があります。
まず突発的に個別で行われている場合は、場所の特定も難しいという問題。
会社の同僚や友人たちとの会話から「じゃあ今日ウチでやらないか」という流れでその日限りなど、常習でなければ現場を抑えることはできません。

●状況によっては処罰の対象にならないことも

仮に現場を偶然に押さえられたとしても、その内容によっては処罰の対象にならないこともあります。
逮捕・起訴されるほどの状況には、そのときのレートや常習性などの問題も大きく影響するのです。
これには賭博罪の条文にある「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは処罰の対象にならない」と言う内容が関係してきます。
この文言の指す具体的な例がないために、あくまでも状況判断となりますが、明らかに店舗などで客を募るような行為や、暴力団が絡むようなケースはもちろん即逮捕となります。
また、知人同士の寄り合いであっても、ハイレートで行うようなものも処罰対象となるでしょう。

国内の賭け麻雀の良し悪しの線引き判断は難しい

正直なところ、法的にみて「友人同士の賭け麻雀は問題ない」と明言はできません。
結局のところ、その良し悪しは「最終的に司法の判断に委ねる」ことになるため、個人での判断は難しいものになります。
もっと言えば弁護士などの有識者でもその見解はさまざまで、状況の捉え方次第のような内容です。
どちらにせよ「やらないこと」がベストだと言えるのではないでしょうか。

●海外のオンラインカジノ上でのプレイは対象外

それでも賭け麻雀を楽しみたいのなら、海外のオンラインカジノを利用する方が良いでしょう。
治外法権というわけではありませんが、海外に拠点のあるオンラインカジノでプレイする場合は、現在の日本の賭博罪では適用されません。
ただし、これはオンラインカジノを運営する企業が、所在国の法律で認められた存在であることが前提となります。
なぜ海外のオンラインカジノなら大丈夫なのか?というと、その理由はとても簡単なものです。
合法的に運営されるカジノ施設を日本人が海外旅行先で利用したところで、帰国して罪に問われることがないのと同じになります。

●海外のオンラインカジノ・麻雀サイトのメリット

海外のオンラインカジノ・麻雀サイトを利用するメリットは、単に「賭けを楽しめる」というだけではありません。
新たな収入源として稼ぐために利用するのも良いですが、腕を磨くために活用するのにもおすすめな環境なのです。
参加しているのは世界のプレイヤーですから、友人知人といった狭い領域ではなくなります。
オンラインで世界中の麻雀ファンと競い合うことで、自身のスキルアップにも貢献できるでしょう。
さらにトーナメントに参加することで、賞金だけでなく世界大会へのチケットを手にすることもできます。
ギャンブルとしての楽しみ方以外にも、麻雀ファンにはたまらない魅力が多々あるのです。

賭け麻雀を楽しむなら友人よりも麻雀サイトを利用しよう

友人との賭け麻雀も少額なら大丈夫だということはなく、法的には「1円でも賭けてはダメ」と言うのが原則です。
法的な問題はもちろんですが、お金が絡むことで友人関係にもトラブルにつながる恐れもあります。
本当に賭け麻雀を楽しみたいのであれば、海外のオンラインカジノや麻雀サイトを利用しましょう。
世界中のプレイヤーと腕を競うことでお金を稼ぐこともでき、さらにトーナメントなどで世界大会へのチケットが手に入ることもあります。
日本国内で行えば犯罪行為になる賭け麻雀も、海外ではギャンブルとして楽しめる一種のカジノゲームです。
ただし、本格的な賭け麻雀を楽しむためのサイトは、必ず合法ライセンスを取得したところを選ぶようにしてください。